UNILOVEことばスケッチ

PMS PMDD のこと。(追記 緑の文字部分)

f0223361_07593522.jpg

さいきんでは広く知られるようになり
専用の市販のお薬や
低用量ピルなども種類が豊富になり
周知されつつある病名となりましたね。

日本語で言えば『生理前緊張症(PMS)』『生理不快気分障害(PMDD)』『生理痛』となります。

生理前の不調 排卵期の不調 など
主に女性ホルモン(エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン))の変化に伴っておきます

更に付け加えるなら
セロトニンが豊富に出て居るエストロゲン期
セロトニンが少なくなりセーブ機能が落ち
プロスタグランジンが突出してしまうPMS PMDD期 とも言えますね
(プロスタグランジンは痛みを感じるホルモン)



症状は、
頭痛 腹痛 下腹痛 腰痛 下痢 便秘 吐気 食欲不振 過食
疲労感 倦怠感 食欲増進 過眠または不眠
胸の痛み張り 下腹の張り 動悸 のぼせ イライラ 情緒不安 悲しみetc... (PMS)
それに加えて
主に精神的な症状がより色濃く出るのが
(PMDD生理痛を抱える方の中でもごく少数な為
女性同士の認識や理解を得るのも
難しかったりします)
症状は、
悲しみ 絶望感 時に自殺念慮 緊張感 不安感 鬱症状
パニック発作 焦燥感 動揺 涙もろくなる 怒り 対人的衝突 集中力低下 自分を制御できない感じ

という症状が主に排卵日を過ぎた
生理前の10日〜1週間前に出ます!
なので生理前緊張症持ちの女性は
『あぁ!わたし気分がいいわ!心身ともに!』と思えるのは
生理数日後から排卵日前の僅か1週間〜10日くらいしかないですね。😢
排卵痛や排卵期の不調のある人は
更に快適な期間は短くなるでしょう。


PMDDの精神的な発作は
精神疾患なのか生理前緊張症の一貫なのか区別するには
生理が終わってもまだ鬱なのかパニックが出るのか?で見極めます
生理が終わったらハツラツとして
いつもの自分に戻っている場合は
精神疾患では無いと判断されます。

特にこの時期の不安定感やイライラなどの
感情の起伏は、本人はもちろんのこと
周りの家族や恋人 パートナーにも影響がある為
ついついデリケートな問題になってしまいがち。

特に精神的な面では普段平静な自分では
考えられないようなマイナス思考 被害妄想になるので
本人も混乱してコントロールが効かなくなりますが
周りの人も翻弄されてしまうので
どう向き合い付き合っていくかが大変だったりし気の毒に思います。

差別用語的に女は子宮で考えると言う言葉がありますが
普段頭脳派な男前女子であっても
ホルモンに支配されたこの期間は
脳みそが機能しなくなったりして
余計凹んでしまったりな意味でいけば
あながち間違いではナイ表現だなと思います。


昔は生理前緊張症なんて言葉すら無かったから
女子の先輩に聴いたり 母親に聴いたりしながら
確かめ手探りで知るしかなく
親とそう言う話がタブーな家だったら
頼る人もなく自分で理解していくしかない環境。

昔の人は開放的な生理や女性性の捉えが無いですから
忌み嫌うものハレのものではなくケのもの
陽ではなく陰のもの 隠し事だったりし
シークレットな問題だったのも改善されない問題点だったのかなと思います。

私自身が自分で把握しているPMDDについては
暴力を振るうというものは無かったです
マイナス思考が極まって失言や暴言はありましたが
相手を責めるという観点ではなく自分自身を責める観点から
自虐的になる→自己嫌悪に陥る→罪悪感に苛まれる
→酷くストレス負荷も加わると自殺念慮。
そんな構造でしたね。
ラストの部分はかなり深刻な精神状態の時にしか現れなかったので
25年のPMDD歴の中では数えられる範疇です。




そう言う意味では
コレだけ広く知られる様になった事自体が
大きな変化ですよね。💡



症状に対する対策としては
自分もあらゆることをしましたが


⚫︎婦人科に相談してみる
(薬の処方 ピルや漢方やホルモン注射)
→薬との相性で副作用の懸念がある
実際私は合わなかった為薬を抜く時間を要しました

⚫︎自分に合ったバランスの良い食事改善
(冷え性など身体のトラブルを改善する食事)
→それまで主食がパンだったのを米(玄米)に変え
タンパク質を積極的に取り入れ
マクロビオティックを取り入れ低体温を改善
コレが1番効果がありました
後に体質改善アレルギーも治り
より身体を強くしたく肉食も復活

⚫︎生理用ナプキンを布ナプキンに変える
→これは2番目に効果がありました!
冷え性対策にもバッチリですし
経血の量が減りました
ナプキンを自分で洗う過程も
生理を受け入れるきっかけになりました

⚫︎体力作りや運動でセロトニンを増やす
→これは3番目に効果がありました
筋肉量が増える事により
代謝が上がり体温も上がり
自然と回復力も付きました
最初はストレッチ系のヨガ
ウォーキングからはじめ
なるべく歩く様にしました


⚫︎ストレスを溜め込まず小出しにする小さいうちにケアする
→忙し過ぎたり追い込みが現実的に必要な場合難しいかもですが
自分は極力休息や自分のケアを優先しています。


⚫︎太陽光を浴び良質な睡眠を取りセロトニンを増やす
→人も光合成してるよね〜的に
太陽光を浴びると自然に夜眠くなれ
夜型生活を朝型生活に徐々に改善
(夜勤などもある方は 意識して
太陽光を浴びる時を5分でも作れたらな位でも
だいぶ改善されると思います)

⚫︎身近な女性など話を聴いてもえる環境を作る
→これは私は無理でした
自分がPMDDよりだったので
相談し辛く、母親にも友人にも云えず
1人で抱え込んでしまいました
が、どうしようもなくて21の頃から
かかりつけ内科医の紹介で
婦人科に掛かりましたので
主治医にはおおよそは伝えられ
当初認可されたばかりの低用量ピル
合わなくて漢方の処方を受けられました

⚫︎家族や恋人 パートナーへの説明と理解
→これも私にはほぼ無理で1番の悩みでコンプレックス
人に頼ることの出来ない不安定感
自分でも理解できないものなんか説明できないし
自分でも理解できないものなんか
理解を促せない!気の毒に思う!と
かえって理解してもらいましょう
理解して貰えたら改善の第一歩みたいのは
余計にストレスになりましたね
過去に説明はしてみましたが
生理の所為にしてないか?とか
コレ(豹変)さえ無ければ良い子なのに😢と言われたのがきっかけで
生理なんか無くなればイイ!という思考になり
自責の念と自己否定が増し一切チャレンジしなくなりました。



個人個人で症状も違いますから
ケアや対策も違うと思いますが
一般的な対策はこんな感じだと思います。


加えて
スピリチュアルな観点からのケアは


⚫︎女性性の肯定
→女性性という捉え方が有るんだと云う心理学的な認知に加えて
エネルギーとしての女性性への認識と理解により
女性で在る事を肯定する事により
生理を受け入れる場が整う

(私の場合は女性で在る事の肯定が鍵でした
なんせこんな辛いなら子宮なんか要らない!
必要な時だけ取り出せる子宮貸金庫が欲しい!とか
20代はのたまわっておりましたので(笑))


⚫︎子宮や丹田インナーチャイルドへの癒し
→丹田への意識だけでもかなりな肉体との調和が得られますが
子宮への意識 インナーチャイルドへの意識だけでも
かなりの変化が得られます。

(私は主に丹田へのエネルギーをヨガで
インナーチャイルドケアは越智啓子先生の御本で
ほぼシンクロ率を上げられ大きな改善が得られました。)


⚫︎母親との関係改善
→母親自体が自分の母親から受けた傷を
娘に投影するケースや
母親と娘が精神的に逆転しているケースでは
母親からの愛が満足に得られないというシコリを産みます
それが子宮に蓄積してしまうと
母親には生理に纏わる症状が無いのに
娘には出るなど 母娘が反面教師的に
互いの女性性の肯定の為の現実が起こるので
当事者同士で分かち合えたら理想的ですが
(お母様が御存命で無いケースもありますし
生き別れて居るケースもありますし)
心理学的な側面や
エネルギー的な側面から
自分の心や魂のケアとして行う方が
当事者同士での向き合いも
鏡の効果で能率が上がりますし
改善がより促進されます。
そうしないと現実面の対峙している
目の前の女性でリアルに解決を促されたりするので
お姑さんや小姑さんやお嫁さんとの
いろいろまで発生しちゃうケースもあります。
(可能なら霊的なコンタクトをとってな関係改善もアリかなと思います)

このケアの意味は
母性へのケア 赤ん坊としての絶対的な愛への安心感
抗えない逆らえないという支配関係の解除
マザーアース地球との信頼関係にも繋がりますし
愛という意味合いでのグラウンディングにより
愛されている自分 愛を受け取って良い自分を
再構築します。


(これはごく最近になってようやく素直になれましたね
母を気遣いすぎる様な面や頼れないと決めつける事なく
今ではお互いを個人個人として尊重し好き同士でありつつも
お母さん大好き!愛してる!と子供の時の素直さで表現できる様になりました。)


⚫︎父親との関係改善
→これは女性にとり最初に出会う男性の見本になりますので
後々の恋愛や結婚 パートナーシップに大きく影響があります。
理想の男性像や仕事観 結婚観などを構築するので重要なポイントです。
加えて言えば 父親と母親の関係が良好だったか?
喧嘩ばかりしていたか?
母親を守らなくてはならない立場だったか?
母親の代わりに家を切り盛りしていたか?など
いろんなケースでの癒しが必要になります
先の母親との関係改善でも書きましたが
当事者同士で分かち合えたら理想的ですが
(お父様が御存命で無いケースもありますし
可能なら霊的なコンタクトをとってもいいですが
生き別れて居るケースもありますので)
自分の心のケアを自分からしっかりとしないと
目の前に居る相手と永久にカルマ外しや
概念解除をしないといけなくなり
特にお付き合いする男性や結婚相手に
自分自身の未解決な父親や父性との概念解除や癒しを投影しますので
セルフケアが非常に重要なポイントです。
もちろん当事者同士での改善なら尚理想的ですが
この限りでは有りませんのでご心配なく。

(こちらは数年前に当事者同士でかなり分かり合え 改善が進み
スピリチュアルな観点からの話も出来ますし
今ではお互いを個人個人としても
父親と娘としても尊重し合えている方だと思います。)


⚫︎魔女狩り含め女性ならではの迫害などへの癒し
→迫害の記憶というものが女性の遺伝子には組み込まれていて
時代のカルマや歴史のカルマなどを内包して地球に来ているケースがあります
その解除や癒しは御本人様にとっても重要なポイントですが
地球にとっても重要な癒しになり
ひいては宇宙全体の癒しになります

(コレは悲しい歴史をいーっぱい持って来ていたのでかなりケアし
現実面で虐げられるという反映を
無くすことが出来ました!)


⚫︎宗教的な概念による男尊女卑への癒し
→主にキリスト教系な概念
それに伴う女性性の解放への否定があります
本来女性は非常に豊かで力強く魅力に溢れています
男性社会 男性性の時代の中で虐げられ
隠蔽されていたチカラを喜びと共に解放し
女性の性に対する意識改善が
男性性 や 男性社会へ一石を投じる
重要なポイントです。

(父方が元がクリスチャンな家庭
ミッションスクール卒業な関係から
ここもかなり概念的に集中的にケアしました
現実面での本来の愛とは?喜びとは?に関しては
さいきんようやく実感を持って改善されています。)


⚫︎母親含み血脈の女性ならではのカルマの解除
→家系のカルマというものが存在します
その中でも女系ならではで
自分の代で修了証にするよ!と
意気込んで生まれて来ている魂さんが居ますので
これも重要なポイントです。

(私はセラピストに成る事で肯定し終止符を打ちました。)



⚫︎過去の経験や遺伝子レヴェルや魂レヴェルの男性不信から来るトラウマのケア
→これも迫害の一種です
男性不信へのケアは凄く重要なポイント
過去生レヴェルだったら歴史の道具にされたとか
政治的に利用されたとか含み
現実に投影されたりしていて
人格否定や暴力などへの癒しは重要なポイントです。

(ここもかなり集中的にケアして
やっとさいきん投影されない安心感を感じています
コレは記憶の中の怖れから引き起こしたりしますから
今自分は誰と居るの?それは過去だよね?
終わった事だよ 比べたり確かめたりしたら
目の前の人に失礼だよ!
自分がやられたら嫌でしょ?と
安心安全を自分のハートのケアや
ストレスケアにより日々癒し続け
この仕事でたくさんの女性たちを解放した事が
いちばんの癒しでチカラになりました。)



十人十色千差万別だから
上記の限りではないですが
大まかに必要な内容を記してみました。

私含みパイオニア的に
先人の女性たちがかなり深く取り組んで来て下さっているから
今に至ってはココまでやらなくてもOKかもですが
こんな項目とプロセスがあるんだよ〜
あったんだよ〜という感じです。


私はコレやってないから
今からやらなくちゃならない⁉︎と
焦ってやらなくちゃならない現実を産む必要は無いです!
やらなくていいものもありますから
逆に今正に取り組んでいる方は
大丈夫安心してください👌
そんな風に受け留てください。




------------------☆彡

ここ3年間
今迄経験した事の無いような過酷なストレス負荷が重なった事もあり
半年前位から自覚を持って再発したなと感じました。

改めて自分なりに主にヒーリングでのケア
宇宙との対話
確認的に病院にも相談しましたが
結果
女友達のススメもアリ
私に必要なのは身体の仕組みを理解したヒーラーさんだな💡
どうにもこうにも自分ではお手上げらしい!と感じ
今ある倖せを自分からぶち壊したく無い!
今迄はどう受け入れよう認めようと言うケアが主体だったけど
私は受け容れた上で
もうこの苦しみから解放されたい!
大切な人を2度と巻き込みたく無いし負担になりたく無い!
なんとか克服して万全にしたい!という決意から
初めてこの件でヒーリングを受けてみる事にしたら
その時点で驚くほど自分の手から離れ気楽になり
ビックリするくらい集大成的に改善しているので
改めてblogに認めてみました。

私の場合は右の腎臓がない事が
ストレスの負荷が掛かった時に
身体全体に及ぼす影響が有るんだと
再認識出来たのが身体との信頼関係を改めて産みました。


加えて、
もう1つ自分で改善出来た点は
この歳になってようやく
家族の理解と援助を受けられなくて苦しかった事を伝えられ
貴女の子宮から生まれて来たのだから
貴女と愛してると言い合いたい
私の産まれた場所だからと
最高のパワーだよと頼れた事
改めて素直に伝えられた事は
大変大きなチカラと改善になりました。



-----------------------☆彡
初潮の遅かった私は
なかなか生理が安定しなくて
持病で高校生の頃から苦しんでいました。
身体が女性的に安定したなと感じるのは
30代半ばあたりからというちょっと特殊な感じ。

今わたしは40歳なので
まだまだ高校生の頃に
生理前緊張症なんて言葉は無かったのと
女性ホルモンの影響で
精神的にも肉体的にも不安定になっているとは
全く理解できませんでしたから
単なる病弱かな?
精神的に脆弱なんかな?という程度でした。


今考えたら女性にとっては
大きな身体の変調期
不安定になったり不安になるのは
当たり前の事ですよね💡
まだまだ生理周期の安定しなかった自分は
生理が起こる事自体とてもパワーを使うらしく😢
宇宙属性過ぎて身体との調和も難しく
生理前後の不調を含め
一年のうち殆ど半分は不調で学校に登校出来ても
保健室で休んでいる事が多く
出席日数ギリギリだった年もありました。

その頃は貧血も酷くて学校に献血車が来ましたが
貴女は人に輸血してる場合じゃ無いです!と断られ
やっとオトナの階段登り始めた歳なのに😢と
情けない気持ちになったのも記憶にあります。

幸い女子校だったのと保健の先生が
生理痛に理解のある方で
生理痛に効く体操を教えて下さったりして
邪険にされることはなく有り難かったです。

症状としては 頭痛 下腹痛 腰痛 下痢 貧血 不安 恐ろしい眠気 吐き気 気怠さ 食欲不振と旺盛の落差 など
身体もまだオトナの身体とは云えない中学生みたいな高校生だったので
体力つけなきゃ!で運動部に入り直し
1日5食食べるようになれたら
だんだん身体が出来て来たので
成長過程と体力の無さから来る貧弱さは改善出来ました

が、
その後社会人になって過酷な労働条件での肉体ストレス
プライベートでの精神的なストレス
自分の中ががらんどうになり
枯れ果てるまで働き 尽くしてな人生の中で
PMS PMDDとどう向き合うべきかという
25年近くの長い歴史でした。

なんとかしなくちゃ
まだ何か出来ないか?と
一生懸命だった自分が
張り詰めていたんだなと
改めて深い労いの言葉をかける事が出来たら
ビックリするくらい解放されたのが
嬉しかったです。

否定から来る直したいでは無く
肯定から来る もうお手上げ!!!は
良い意味での手放しなんだなぁ

そう改めて
さぁ!手放しちゃいましょ❤️と
日頃私がお伝えしている感覚を
自分が再度原点回帰的に経験したのだなぁと

今だからこそ
今がタイミングだから起きた
解放なんだなぁと

じーん と 目覚めた今朝でした。


f0223361_10382668.jpg






再発してしまったなと思った時期から自分なりにケアしたけれど
ケアしきれなかった2016年
12月から2月半ばまでボディヒーリングがお得意なヒーラーさんのお力を借り
主に腎を高めることで子宮周りのケアの修了証をいただけました♫
この問題には基本的にはPMDD寄りだった自分自身を恥じていたのと
自分自身でなんとかしなくっちゃと思っていた部分があり
人を頼ることができなかったのですが
今回あ これはもうアカンと認識識別し
自分の大切な人のためにも変わりたい終わらせたい
そんな気持ちから友人のアドバイスで導かれ
自分でなんとかしようをせずに預け委ねお任せする
そんななかで解けた集大成なヒーリングとケアの期間でした。

修了証をいただけたことによって自信が持てたこと
そしてなにより良い意味でもう手放せる段階まで来ていたことにより
とても穏やかなエナジーに満ちて
自然なサイクルのなかに在るのをより感じられる今日この頃です。

子宮周りから始まって全てのチャクラに必要なことが起きて
自分のものでは無かった闇は去り
自分自身のもつ本来のエナジーが
スロートチャクラの解放をきっかけに
すーっと上に抜けていったと同時に楽さが増したのを体験でき
ずっと頑張ってくれていた腎と子宮に
心からの労いが湧いたのでした。

それにしても最終的に私のなかにひそんでいたシコリは
『愛されることへの許可と自信』
『愛されていることへの自負と自信』
でした
PMSが始まった頃から相当自信が持ててい無かったんだねぇ
コレ相手から得て確立するものではなくって
自分自身のなかで導き出してあげて肯定してあげられないと
どんな環境においてもどんなものごとが目の前にあっても
ずーっと自信を持つことができないの私っていう迷路に迷い込んでしまう。
今回なんとかしようと最後の最後に諦めずに助けを求められたこと
自分ではなんともできないということを認められたこと
心底変わりたい楽になりたい今がタイミング!と思えたことで
こんな風に扉が開いたんだなと
あまりにもコントロールできない案件すぎて
付き合っていかなきゃなんないもの
向き合っていかなきゃなんないもの
病気ってそういうものそんな風にしてしまっていた部分もあったかもしれない。
でも、変化は生じた!必要なタイミングってものの存在を
改めて理解した経験となったのでした。
だから遅すぎることも早すぎることもなく
私にとっては全てが必要だったこと
必要な歳月と経験だったのだなと改めて認識しました。

エナジーサポートとヒーリングの助けをお借りし
宿題も出していただけたことにより
自分自身で見いだすことができたことが大きな誇りにつながりました。

このベストタイミング
ジャストタイミングで関わってくださった
Pちゃん 最愛の人
H先生導きをありがとうございました。

100パーセントってことは無いから
PMSやPMDDっぽくなることは在るかもしれない
でも、なったら困る出たら困る
なんとか抑えなきゃコントロールしなくっちゃと
そう思い続けていたときの感覚や張り詰めた感じは
ふーっとどこかへ溶けていった。
そういう意味での安心感と安堵感と安寧
これは計り知れない根拠の無い自信を私に構築してくれたのでした♫

この糧を活かして自身のセッションや作品作りに
さらに還元していきたいと思います。


愛と感謝を込めて
LOVE×∞
unilove☆かわあいゆみ

by universe-love | 2017-03-01 19:52 | PMS PMDDのコト | Comments(0)
<< プチ リセット バカンス は ... 魂の向き合いや岩戸開きについて... >>



atelier UNIVERSE LOVE
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新情報&thanks相互リンク
お気に入りブログ
検索
Powered By イーココロ!
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧